ヤマワケリセールについて

ヤマワケリセールとは?

「ヤマワケリセール」は、当社の不動産特定共同事業の各ファンド成立後
その出資分の譲渡手続き(代理・媒介手続き)の愛称です。

リセールファンドの特徴は?

以下の2つの理由から想定利回りは高くなります。

①投資日数による要因

ヤマワケリセールは既に運用が開始されているファンドですので、出資持分を取得する(地位譲渡を受ける)投資家様は、運用期間(計算期間)の途中からファンドに参加することになるため、実際の投資日数は当初から投資している投資家より短くなります。このため、実際に投資している期間の年利換算の想定利回りでは高くなります。

②分配金を受け取る権利による要因

分配金がファンドの運用期間末日に一括して分配されるファンドでは、不動産特定共同事業契約約款に基づき、運用期間(計算期間)の末日に出資している投資家が分配金を受け取る権利を持つため、運用期間(計算期間)の途中から出資した場合でも、運用期間(計算期間)の初日から投資している投資家と同様に分配を受けることができます。このため、分配が行われる場合、短い投資日数で当初想定利回りと同じ分配金を受け取ることができ、運用期間(計算期間)の初日から投資している投資家よりも、想定利回りは高くなります。

なお、リセールによる想定利回りもファンドの運用結果によっては変動するほか、ファンドに投資することについての固有のリスクは変わりません。

〇計算期間が複数ある場合はどうなる?

運用期間が複数の計算期間から成る場合も、不動産特定共同事業契約約款に基づき、各計算期間の末日に出資している投資家が分配金を受け取る権利を持ちます。この場合、計算期間の途中から出資をすると、リセールが実施される日が属する計算期間の想定利回りは、投資日数が短くなることにより、計算期間の初日から投資している投資家よりも、高くなります。しかし、その後の計算期間の想定利回りは、投資日数が計算期間と同じになりますので、他の投資家の想定利回りと同じになります。ただし、この場合でも全体としての投資日数が短くなることにより、全体の想定利回りは高くなります。

リセールはどのタイミングで行われる?

譲渡したい持分がある会員様がいることがリセールの前提となります。このため、会員様が譲渡を希望する出資持分の状況によって、リセールは不定期での募集になります。

応募方法は?

案件ページ一覧に「リセール募集中」と表示されているファンドページからご応募ください。応募手続は、通常のファンドの応募手続と同じです。

応募資格は?自分が譲渡申込をしたファンドへのリセールへ応募はできる?

応募資格は会員登録が完了している会員様に限ります。ただし、当初のファンドへの出資が確定された方(出資申込後に入金をキャンセルされた方、入金後譲渡申込により譲渡が完了した方を含みます)は応募できません。
また、ご自身が譲渡申込をしたファンドのリセールには応募できません。

その他

リセールファンドにおいても、該当ファンドの元本および収益分配が保証されているものではなく、投資対象となる匿名組合財産の価値の低下等により、元本の損失が生じる可能性やその他リスクは、通常のファンドへの出資の場合と同様に内在します。
投資につきましては、各商品に関する契約成立前交付書面等をよくお読みいただき、ご自身でご判断くださいますようお願いいたします。 また譲渡される会員様におかれましては、契約成立前交付書面等に則り、譲渡に伴う事務手数料を頂戴する可能性があります。

会員登録して始める

会員登録は無料です