初めての方へ

投資・配当型クラウドファンディングとは

ヤマワケが提供するクラウドファンディングとは?

今までできなかった、 リターンを配当という形で、
投資投資していただいた方に還元 できる新しい仕組み

第二種金融商品取引業を持つ会社
クラウドファンディングを運営することで生まれる
新たなプラットフォームが「ヤマワケ」

第二種金融商品取引業とは?

基本的には、ファンド (集団投資スキーム持分)や信託受益権などの流動性の低い有価証券、 すなわち株や社債 等のメジャーな有価証券以外の金融商品取引法第2条第2項に定めるみなし有価証券を販売する業務です。

電子募集取扱業とは

金商法上は、投資型CFについてインターネットを利用した一定の業務を 「電子募集取扱業務」と定義してルールを整備している。 「電子募集取扱業務」 とは、 要約すると、(i) ウェブサイトを閲覧させる方法、または (ii) ウェブサイトを閲覧させる方法と併せ、電子メールやそれに類似するインターネット上 でのメッセージ授受サービスを用いる方法によって、 有価証券の募集等の取扱いを業として行うことをいう。 例えば、 ウェブサイト上で個別商品の手数料、 予想リターン、 申込期間等を掲載したページを設けている場合には、基本的に募集等の取扱いに該当することになり、 電子募集取扱業 務に該当する。 このウェブサイトには、SNSやブログ等も原則として含まれる。 また、上記(i) または (ii) の手段と電話や訪問等との手段を併用する場合も、 電子募集取扱業務に該当する。 一方、電子メールのみで勧誘を行う場合や、 インターネット電話のみを通じて勧誘を行う場合等は、 電子募集取扱業務に該当しない。

ヤマワケの特徴

特徴画像
特徴1

少額から投資

ヤマワケなら1万円から(*1)少額投資が可能です。プロが厳選したファンドを保全性を最大限まで高め運用しているため、気軽に投資家になることができます。
(*1)1万円ではない商品もあります。
特徴2

商品のバリエーションが豊富

ヤマワケは投資対象を特定のテーマに限定せず、不動産から太陽光、貴金属、車両、イベント、店舗、さらにはビジネス等の幅広い分野にわたる投資機会を提供しています。これにより、投資家の皆様は自身の投資スタイルや興味に合わせて選択が可能となります。
特徴画像
特徴画像
特徴3

高いリターンを
期待できる投資商品

ヤマワケ投資の方法として、事業成果から得られた利益が配当で還元される「インカム型」と、投資した事業やサービスの値上がり益を得られる「キャピタル型」、またその両方から出資額に応じた利益(リターン)を得られる「ハイブリッド型」の方法があります。

優先劣後構造によるリスクの低減

物件の運用期間中や売却時に損失が発生した場合は「優先劣後システム」により劣後出資割合分までの損失は劣後出資者である当社が負担します。

「優先劣後システム」とは?

優先劣後システムとは、お客様を「優先出資者」、当社を「劣後出資者」に位置づける独自の仕組みです。
元本の返済や配当金の支払いは、まず優先出資者であるお客様に優先的に行います。
これにより、お客様の元本と配当金の安全性を最大限に高めています。
ヤマワケエステートでは、
例えば、会員様からの出資金を出資総額の80%までとし、「優先出資」扱いとします。その一方で、残る20%は、当社が「劣後出資」として引き受けます。
空室や修繕費の発生による家賃収入の減少があったとしても、まずは劣後出資者の配当から補填されるため、お客様への配当には一定の損失範囲内では影響しません。
そして、もし物件売却時に売却価格が出資総額を下回るといった事態が発生した場合でも、その損失が当社の劣後出資範囲内であれば、お客様の出資元本には影響を及ぼしません。
※優先劣後構造による運用がないプロジェクトもございます。

会員登録して始める

会員登録は無料です